淡路島(南あわじ市・洲本市・淡路市)の観光、海水浴場、キャンプ場、温泉、交通、グルメ、宿泊(ホテル、民宿、ペンション)、イベント、釣り情報満載の淡路島ポータルサイトです!

沼島八幡神社 - 淡路島WEB「あわじウェブドットコム」

HOME > 淡路島観光おすすめスポット > 沼島八幡神社

スポンサーリンク

沼島の観光パワースポット情報 沼島八幡神社

沼島八幡神社

沼島八幡神社

御影石の石段が、神門から上が三三段の女坂、下が四二段の男坂と呼ばれています。海上安全、四季豊漁の神様です。
この森は、氏子により神社の創建はるか以前より、守り続けられてきた神域でとても大切にされております。

神社の森には、幕末のオランダ人シーボルトが学会で紹介したホルトの木(ユズリハモドキ)が生い茂り、県の環境安全地域に指定されています。南限・北限の植物も混生し、牧野富太郎博士が、大きな関心を寄せた森でもあります。

スポンサーリンク

エリア名称お問合せ先等
南あわじ市沼島八幡神社沼島総合観光案内所 吉甚 よしじん
TEL:0799-57-0777
沼島八幡神社沼島八幡神社の由緒
神馬(しんめ)馬の銅像沼島八幡神社 鳥居
石段下両脇の左側のエビスさん石段下両脇の右側の海積大神(わだつみのおおかみ)
沼島八幡神社 神門から上が三三段の女坂右側の狛犬と神木
左側の狛犬沼島八幡神社本殿
沼島八幡神社拝殿内沼島八幡神社拝殿内左側
沼島八幡神社拝殿内右側沼島八幡神社 沼島神社自然環境保全地域 案内板
逆羅針盤境内からの景色

ご祭神

譽田別尊 配祀 足仲津彦尊、息長足姫命
「八幡大神」と呼ばれる「誉田別命(ほむたわけのみこと)」が祀られています。昔は、「八幡大菩薩」と呼ばれていました。

摂 社

八坂神社、日吉神社、平野神社、住吉神社、恵美酒神社、海積神社

概 要

永享8年(1436)梶原俊景が京都石清水八幡宮の分霊を阿万八幡宮を通じて勧請し創建したと伝えられます。

かつては水軍の拠点であり、昔から海を生活のより所としてきた沼島の生活をうかがいしれる絵馬13額が掛けられ、全国的にも珍しい逆羅針盤が天井に奉納されています。

境内のうしろの森は、ホルトの大木が何本もあり、椿や椎の木、キノクニスゲ等自生している珍しい原生林になっています。

話 題

沼島八幡宮の後ろの森には、樹齢200年を超える「スダジイ」や「タブノキ」が生い茂り全国的に有名です。

祭り情報

沼島八幡神社春祭り
毎年5月3・4日に行われる春祭りが行なわれます。
この祭りは、沼島水軍を彷彿とさせる勇壮な祭りで、祭りが最高潮に達したとき、だんじりが海へ飛び込み、海上安全と豊漁を祈ります。
昔はだんじりや神輿が通る道がなく、ほとんど海の中での走行だったため、旧歴5月3、4日の大潮の時に行われていました。

料 金

参拝無料

駐車場

土生港の有料駐車場(1日500円)をご利用下さい。

所在地

〒656-0961 兵庫県南あわじ市沼島2521
TEL:0799-57-0146

アクセス方法

神戸淡路鳴門自動車道 車でお越しの方は、「西淡三原IC」 を出て左折後、県道31号線 と 県道76号線経由で約30分ほどで灘土生港の「灘ターミナルセンター」に到着致します。
土生港から沼島汽船に乗り換えて約10分、沼島下船、徒歩15分
沼島汽船時刻表(南あわじ市提供)
>>淡路島への交通アクセスガイド

周辺情報

自凝神社(おのころじんじゃ)上立神岩、沼島庭園、六角井戸、梶原五輪塔、神宮寺、沼島海水浴場

アクセスマップ


より大きな地図で 沼島八幡神社 を表示

スポンサーリンク

Facebook



最終更新日:2016-04-09 (土) 13:39:45

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional